個人でカラコン事業をやりたいなら・・・

カラコンと言えばビジュアル系とかギャルとか、派手なメイクの人が使う飛び道具的なメイクアイテムというイメージで、一般の人たちはあまりカラコンを使ってなかったと思うが、最近ではかなり普通っぽい見た目も地味目なファッションの女の子でも使用しています。

つまり、髪を染める位一般的なオシャレになっているカラコンですが、一見、派手な色ではない「ブラウン」や「ダークブルー」または「黒色」のカラコンなのですが、実際の自分の瞳の色を、カラコンを使用する事によって変えたり、黒目の大きさをカラコンのサイズに合わせて大きくする事で、目が大きく見えるそうです。

うっとりと感じるライトグリーン色のカラコンをつける女子

黒目の色が変わったり、黒目の大きさが変わるだけでなぜ目が大きく見えるのかと言われたら、一見不思議な感じもしますが、実際に芸能人やモデルさんの使用前、使用後の画像を見比べると、たしかに明らかに見た目の印象が変わる事が画像からもわかります。

そしてこれらの広告を見て、目を大きく見せたい女の子や、顔の印象を変えたい女の子が、カラコンを購入する事で見た目の印象をメイク感覚で楽しんでいます。

しかも、その種類も一昔前とは違い、豊富な種類に溢れているので、TPOに合わせて、学校用や仕事用、おしゃれ用など買い揃えている人も少なくないといいます。

では皆さんはカラコンをどういったところで購入しているのかというと、そのほとんどがネット通販で、国内のネット通販で購入する人も多いのですが、最近増えているのが、価格の安さなどの理由で個人輸入を利用しての格安カラコンの購入が増えています。

特殊メイクにぴったりなピンク色のカラコン

しかし個人輸入と言っても、自分で輸入業者のように手続きをしたりして、海外から仕入れるのではなく、そのほとんどがネットを介しての代行業者での個人輸入となりますが、代行業者から個人輸入して危険性は無いのでしょうか?

日本では、カラコンは厳しい基準をクリアして認可を受けたカラコンしか、販売する事が出来ませんが、海外から個人輸入代行業者を介して輸入した場合、消費税がかからないなどで安く購入する事は出来ます。

しかし中には未承認のカラコンも多く出回っていますので、その危険性に関しては自己責任となる為、薬事法による規制の対象外となり、個人輸入をする場合にはサイトの注意書きなどをよく確認し、注意が必要です。

よく聞く話では、カラコンの色素が漏れ出したりして色が落ちるという話がありますので、色素内包性が高く安全と言われているサンドイッチ製法で作られたレンズや、厚生労働省の承認番号のあるカラコンがオススメです。

 

 

 

 

 

 


 

カラコンと言えばカラーコンタクトレンズの略称ですが、一般的な透明のコンタクトレンズはメガネの変わりにメガネをしていないような感じで、視力を矯正出来るので、高度管理医療機器という事でコンタクトレンズの販売には、医療機器販売業の許可が必要になりましたが、処方箋については薬事法上、必要が無くなりました。

ところが最近では医療目的のコンタクトレンズとは別に、ファッションでカラコンを使用する人が増えていて、その種類も一昔前のギャルとかコスプレの人が使用するような派手な色のカラコンではなく、カラコンを使用していると言われなければ気付かない位自然な色合いのカラコンが増えています。

綺麗な茶色カラーコンタクトをつけて優しい感じの目を演出

カラコンを着ける事で、黒目をブラウンやブルーに出来るだけではなく、黒目を大きく見せる事で目が大きく見える効果があります。

そんな身近になったカラコンですが、使う人が増えてくるのと比例して、通販や個人輸入で購入する人も増えています。実際にカラコンをネットで検索すると、「個人輸入」「激安」のキーワードで多くのサイトが出てきます。

個人輸入でカラコンを購入すると、普通にお店で買うよりも安いのでしょうか?

コンタクトレンズを個人輸入する際に、個人輸入の代行業者を利用する事で、消費税が無料になり、簡単に海外の格安コンタクトレンズを自宅に直送してくれるみたいです。

しかも、このコンタクトレンズは日本で販売しているものと同等品なのですが、発送元が海外という事で個人輸入扱いとなり、消費税が必要無くなります。

つまり個人輸入を利用する事でカラコンを安く購入する事が出来ますが、1回で注文出来る数量が両目で2ヶ月分までという制限があるので、安いからといって一気に大量購入出来る訳ではありません。

あくまでも個人輸入という言葉の通り、個人で必要な分を購入するという前提なので、会社に発送する事も出来ませんし、購入者とは別の人物宛に発送する事も出来ません。

5種類のカラコンを付けた目はまったく雰囲気は違うことが分かる

しかし、個人的に購入するという意味では、普通に国内で買うよりも、個人輸入の方が圧倒的に安く購入する事が出来ますし、個人輸入も自分で調べて手続するとなると、いくら安くてもその手間が面倒ですが、代行業者が全て代行してくれるので、手続きも簡単で安心です。

ただし、あくまでも個人の責任で海外の商品を輸入して購入する事になるので、商品の安全性や危険性が無いかなどについては、自己責任となる為、もし個人輸入でのカラコンの購入が不安な方は、一度眼科医に相談される事をオススメします。

 

 

 

 

近年女性のメイクの技術は年々向上していて、一昔前で言うと「整形したのでは?」と思ってしまうくらいメイクで別人に変われることがネットなどの情報の発達によって、広く世間に知られてきています。

具体的にメイクで劇的に顔が変わるテクニックとしては、つけまつげやメザイクと言って、一重を二重にするメイク方法などでも顔の印象は別人のように変わります。

そして今回ご紹介するカラコンを着ける事で、黒目の大きさが少し大きくなり、黒目の色もブルーがかったりブラウンに出来るのですが、このカラコンを使用する事で顔の印象が劇的に変わります。

最近では芸能人のブログなどでもどこのカラコンを使っているなどの情報もあり、若い子でもカラコンを使い始める人が増えていて、その需要は単純にメイクの手段だけではなく、コスプレとして目の色をブルーやレッドに変える人まで様々です。

鮮やかなグリーン色のコンタクトを付けた美しくなった目

ところが、カラコンのほとんどが普通のコンタクトよりも高価であるが故に、どうしても安く買いたいと考える人も多く、使い捨てタイプも物を選ぶ人がほとんどです。

そして安いカラコンをネットで検索して見つかるのが個人輸入のカラコンなのですが、安く変えるという事で個人輸入のカラコンを購入する人も増えています。

個人輸入と言っても、自分ですべての輸入手続きをするという訳ではなく、そのほとんどが代行業者を利用しての個人輸入になるのですが、カラコンを個人輸入するのに、輸入する際の規制や注意点などはあるのでしょうか?

そもそも個人輸入という言葉の通り、個人輸入によって注文した商品は当然、個人の使用以外認められていません。そして薬事法では、個人輸入で1度に注文出来る数量は、2組(4枚)までと定められていて、2度目以降のご注文は、前回の注文から1ヶ月以上の期間を空けなければいけないと定められています。

そして更には、第3者への譲渡、販売等が禁じられており、発送手配も自宅宛のみとなっているので、購入者以外の宛先や勤務先への発送を希望した場合、個人輸入とみなされず、通関手続きが出来ずに品物が届かないという事もあり得るので、必ず本人名義の自宅住所にて注文する必要があります。

青いコンタクトは赤いアイメイクにすごく合う

また、薬事法上の義務はないので、眼科医の処方を受けないで購入される方も増えていますが、完全に自己責任での使用となる為、コンタクトレンズの使用をした事が無い方には危険性もあり、個人輸入でのカラコン購入はオススメ出来ません。

そして個人輸入のメリットとしては、関税・消費税が注文金額16,500円までは無税なのですが、商品代金の合計が16,500円以上の場合、消費税、地方消費税が課税されますので注意が必要です。